インストラクターと段級位制度

段級位制度のあらまし

ピラミッド

段級位は、2級から始まり、1級の上に初段を置いております。
初段からが、NOSSの公認インストラクターとなります。

NOSS公認インストラクターは、NOSSの魅力や楽しさをわかりやすく伝えるため、日本舞踊の動きを元にした和の所作と、そこに込められた和の心、そして筋肉・体軸・体幹といったスポーツ科学の知識を学び、生徒一人一人の技量にあった指導を行います。
「おどり」を通じて日本の伝統文化が持つ様式美の守り手となり、人々の心と体を健康で豊かにする役割を担います。

NOSS公認インストラクターは、段位に応じたカリキュラム指導・認定を行う資格や、様々な活動特典が得られます。

中段以上の段位取得者には、「花傳(中段)」「鳥傳(上段)」「風傳(特別)」「月傳(名誉)」の称号が与えられます。この称号には、高みを目指して技量・知識を磨くことで、花開き、咲き誇り、それを鳥の視点で感じて、風に乗り、輝く月へと至って欲しいという願いがこめられており、「今年の漢字®」で知られる清水寺 森清範貫主に揮毫いただきました。


カリキュラム

(備考)
※ 2019年2月現在。2019年4月施行予定(2級認定は2019年2月施行予定)
※ 履修単位数は、1コマ1時間を1単位とします。
※ 2級、1級は、それぞれ隔週ペースで3ヶ月程度、最寄りの教室でNOSSを継続実施することを目安とします。集中講座で取得する場合、必要な履修単位数はそれぞれ3コマ程度とします。


インストラクター段位によって、指導・認定出来る範囲が異なります。
詳しくは公認インストラクター資格についてをご覧ください。

公認インストラクター資格について

NOSS公認インストラクターには、段位に応じて以下の資格が授与されます。

◾️初段インストラクター
・NOSS2級の認定が行えます。

◾️中段インストラクター(称号:花傳)
・NOSS2級・1級の認定が行えます。
・企業・団体・自治体等への協会からの派遣(斡旋)対象となります

◾️上段インストラクター(称号:鳥傳)
・初段インストラクター養成のカリキュラムが実施出来ます。

◾️統括インストラクター(称号:風傳)以上
・中段インストラクター養成のカリキュラムが実施出来ます(予定)
・支部長就任資格が得られます。

上記の授与資格のほか、すべてのNOSS公認インストラクターが、以下の活動特典を得られます。

◾️NOSSグッズの販売権
NOSSグッズの販売権が与えられ、卸価格で購入することが出来ます。
購入したNOSSグッズは、自身のお教室で生徒さんに販売可能です。
(NOSSグッズは、公認インストラクターの方にのみ卸販売しており、原則として一般販売は行っておりません。)

◾️NOSS教室の公認
ご自身の教室を、協会公認の教室として、NOSSホームページの教室案内に掲載し、あわせて本部より企業・団体・自治体等へもご紹介いたします。

◾️講習会等への参加
公認インストラクター限定の特別講座や講習会に参加して、技量・知識をブラッシュアップしたり、インストラクター同士の交流・研鑽が行えます。

◾️専用コンテンツへのアクセス
公認インストラクターの皆さまのための会員組織「之守師範会」の専用サイトにて、コンテンツを順次拡充し、NOSSのメディア露出、企業との連携、最新のサイエンス研究、各種プロモーション施策等、ブランド向上の取り組みのお知らせや、活発に活動されているインストラクター様の取材・ご紹介、参加者の心を掴む指導法、教室運営のノウハウなど、インストラクター必見の内容をお届けしてまいります。

当協会では、社会に対して協会の責任のもとでインストラクターを送り出していく観点から、インストラクターの皆さまには、協会への登録をお願いするかたちで運営しております。
登録いただいたインストラクターの方々に、公認インストラクター資格を授与しておりますので、未登録のインストラクターは、協会からの活動特典が得られず、協会ホームページへの教室情報掲載や、グッズの購入、級の認定等が行えません。

登録は1年単位となっており、いずれの段位・称号・特典・授与資格も、協会への登録料の納付なき場合、喪失致します。

◾️登録、及び更新は、こちらから。
(専用サイト「之守師範会」へジャンプします)

旧制度からの移行について

NOSSは開発以来、当協会設立までのおよそ10年間、創案者である西川右近率いる日本舞踊 西川流(一般財団法人西川会)にて、認定インストラクターの養成を行っておりましたことから、西川会にて認定インストラクターの資格、並びに「花傳」「鳥傳」の資格を取得された方につきましては、現行制度への移行の手続きといたしまして、協会への登録を行っていただくことで、公認インストラクターとしての活動特典・授与資格が得られます。

2019年2月現在、とくに移行期限は設けておりませんが、協会としての新カリキュラム策定・実施にあわせ、インストラクター知識・技量を協会として担保する観点から、無試験での移行措置に関しましては早期に終了する可能性がございます。
西川会にて認定インストラクターの資格を取得された方で、協会に未登録の方は、お早めに協会登録手続きを行われることをお勧めいたします。

登録はこちらから。
(専用サイト「之守師範会」へジャンプします)

インストラクターを目指される方へ

上段(鳥傳)以上の段位のインストラクターの教室にて、インストラクターになるための、初段取得に向けたカリキュラムを受講することが出来ます。(なお当面、カリキュラム一部および試験(筆記・実技)は本部にて実施致します)。

なお、初段取得のためのカリキュラムでは、既に1級相当の技能を習得されていることを前提に講習致します。2級、1級はそれぞれ、隔週ペースで3ヶ月程度、教室にてお稽古を積むことで到達できる技能を目安としておりますが、別途、1・2級取得のための集中講座で習得することも可能です。
2級の認定はすべての公認インストラクターのもとで、1級の認定は、中段(花傳)以上の段位を有するインストラクターのもとで行われます。
全国のインストラクターの教室情報はこちら

ページトップへ