お知らせ

2018年10月15日

2018年10月 NOSS特別講座開催のご報告


去る10月7日(日)と8日(月・祝)、NOSS協会では、NOSS公認インストラクターの技術と知識のブラッシュアップと試験を目的とした特別講座を開催いたしました。


台風の影響も懸念された三連休の終盤ではありましたが、首都圏のほか、金沢、岐阜、兵庫、徳島…と日本各地から約20名の公認インストラクターが参加し、会場は終始、熱気に包まれました。


特別講座の初日は、西川右近理事長(西川流 総師)の基調講演、創案者のお一人・湯浅景元理事(中京大学名誉教授・医学博士)による講演、そして、西川千雅理事(西川流 四世家元)の実技指導法講座が行われました。


西川右近理事長による基調講演

NOSS協会発足から1年の節目にあたり、この間の歩みと今後の組織についての説明、

これからの展望について語られました。



湯浅景元理事による講演

理事が取り組んでおられるコーチングの事例から、アイソメトリックスや体へのトレーニング効果と

安全性の両立について、そしてNOSS創案に込めた思いまで、熱くお話しくださいました。



西川千雅理事による実技指導法

各グループに分かれて、グループディスカッションと発表を行いました。

千雅理事よりコーチングについての具体的な指導もありました。



2日目は、跡見友章理事(杏林大学教授・健康科学博士)の講義に続き、指導部の西川まさ子先生、

西川陽子先生による実技指導が行われました。その後、各段位に分かれて試験を実施いたしました。


跡見友章理事による講演

NOSSを体軸・体幹の視点から、科学的に考察してくださいました。

実際にご自身の身体をモデルにして、NOSSの動きを解説してくださるシーンも…。



指導部の西川まさ子先生、西川陽子先生による実技指導

少人数のグループに分かれてNOSSを踊った後、公認インストラクターからの様々な疑問について

具体的にご指導くださいました。



実技指導には、跡見理事も飛び入りでご参加くださり、体軸・体幹の観点から補足して

くださいました。右近理事長も興味津々です…。



参加した公認インストラクターからは、指導法の確認が出来て良かった、学んだことを生かしていきたい…等の声が寄せられました。


NOSS協会では、今後も東京の本部教室や名古屋の中部本部教室でこのような特別講座を実施し、公認インストラクターの技術や知識のブラッシュアップを支援して参ります。


これからもどうぞ、ご注目ください。



☆NOSSにご興味を持たれた方は、ぜひ一度、お近くのNOSS公認インストラクターへお問い合わせください。

各地のインストラクター情報は<教室案内>からご覧いただけます☆



2018年10月15日

一般社団法人 日本舞踊スポーツ科学協会 事務局

お知らせ 一覧へ

ページトップへ